戦後大変苦しい生活情勢の中で青春時代を過ごした両親が縁あって昭和30年に結婚家業である農家を継ぎました。当時は陸稲サツマイモスイカなどを栽培していましたがいち早く野菜中心の経営に切り替え市場出荷を開始しました。そのとき屋号を父義直の「義」をとりヤマヨシと名付けたのが始まりです。

現在、施設(農薬散布軽減型ハウス)と露地を有効に活用し、より安全、安心な野菜の周年生産、安定供給に努めています。先代が築き上げてきた信頼と家訓を大切に、愛情込めた栽培と丁寧な荷造りを心がけ、消費者の皆様にご満足頂ける野菜作りを目指し、スタッフ全員で日々精進してまいります。 また、平成20年より農園名を「愛情専業農家 ヤマヨシ」に改名し、当農場で栽培された野菜をヤマヨシの「ハートベジ」と称して出荷・販売しています。

農園名愛情野菜専業農家 ヤマヨシ
所在地〒204-0011東京都清瀬市下清戸5-857
TEL&FAX. 042-491-0672
代表者小寺正明
経営形態施設と露地栽培で野菜の周年生産
農地面積350a(うち借農地130a)
労働力家族:5名 パート:10名〜
作目作付面積850a〜
ほうれんそう・かぶ・みずな
にんじん・さといも
出荷先東京多摩青果(本店)・東京シティ青果、他

1910年   本家より分家し、農業を始める
1914~45年 戦中のため陸稲(供出米)・麦・さつまいも等栽培
1945~53年 戦後、陸稲・麦・さつまいもに加えすいか・うり等栽培
1954年   かぶなどの野菜栽培を導入
1956年   野菜栽培中心の経営に転換
1963年   機械化の導入により野菜の多品目栽培
1970年   大和芋・にんじん・ごぼう等の根菜類を中心とした経営へ
1973年   保冷庫の導入
1982年   かぶ・ほうれんそうなどの葉物を中心とした経営へ
1984年   企業的農業経営顕彰
1986年   パイプハウス導入開始
1997年   日本農業賞特別賞受賞
2000年   農林水産大臣賞受賞(ほうれんそう)
2003年   ハウスなどの施設化を更に進める
2008年   農林水産大臣賞受賞(かぶ)・認定農業者・家族協定を締結
2009年   農林水産大臣賞受賞(ほうれんそう)・にんじんジュースの販売開始
2010年   保冷車(トラック)の導入
2013年   規模拡大のため埼玉県内に130aの農地借用
2015年   現在に至る